今年、2013年は、2月4日が立春です。
(※もともと「節分の日(現在3日に固定)」と「立春」は同じ日でした)

ところで、先日、
居間で、テレビがついている中、
囲碁の問題を解いていました。

石が四方囲まれると(隙間がないと)相手に石を取られてしまいます。
そして、(魚の投網みたいに)囲った陣地が自分のもの。
(投網に)穴が開いているとダメで、
(その投網を)切ったり、つなげたりする攻防の中で、
自分の陣地を固めて行きます。



そこそこ囲碁の上手い父が傍にいたので、
テレビの内容(※恋愛ものでした)に影響されつつ・・・

「この囲碁の問題も、例えるなら・・・

ちゃんと忘れないと、
次に行けないってこと?」

と父に尋ねてみると・・・
しばらくどこかへ行って戻ってきたと思ったら、

「さっき問題は、「一度わざと男に振らせて置いて、
他の男に行ったと見せかけて、
それから戻って、もっと大きなものを取る」のが答え」

と言われました・・・


難儀。




木の、正方形の空き箱に、
白い線(ふつうは黒い線)を引きました。
小さめの「六路盤」です。

中に碁石を入れて、そのまま風呂敷に包んで持ち運べます。



ピンクは花びらの色、
黒が表すのは、花の形(=印花)。

どちらも無施釉なので、重ねて焼いても大丈夫です(ピンクは化粧泥)。

大まかな形は、クッキー型でくりぬいたのですが、
黒土は、収縮率が高いので、グッと小さく縮んで、
丁度普通の碁石と同じ大きさに・・・。


お花の碁石は、石を並べて遊ぶには、とってもかわいい♪

花びらで占ふ(うら-う(ふ))立春夢叶へ(叶え)

どちらへ進めばいいのか、
不安な心を一枚の花びらの行方に重ねてしまいそうですが、
全体を見て、
自分の目で見極めようとする冷静さをも忘れてはいけませんよね。

寒かったり、あたたかかったり、
体調を崩しやすいので、気を付けましょう。




釉薬豊富な彩泥窯〜

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

訪れびと

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    Shino
  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    沼子
  • プチギフト制作☆
    YAMA
  • 器用な男前さん女前さんご夫妻♡
    Kobunta
  • かぶこん2011エントリー作品
    Shino
  • かぶこん2011エントリー作品
  • 普段使いの器
    Shino
  • 普段使いの器
    ai
  • 陶芸人
    Shino
  • 小さな風景
    nakagawa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM