東京ドームの近くにある「小石川後楽園」という、
江戸時代初期よりある庭園に行ったところ、
ちいさな鴨や雀がいて、
とっても和みました・・・



カルガモの子は、カメラを向けると、
バサバサッと水の中から飛んできて、
近くを歩き回って・・・

「遊ぼう・・・」と、言っているようでした。



「我と来て遊べや親のない雀(小林一茶)」

ふと、今は亡き祖母が小さな色紙に書いていた上の一句を思い出しました。
雀は、あんまり近づくと、逃げちゃいそうでした。



たくさんの花菖蒲(はなしょうぶ)が咲いていたのですが、
花の模様は、石灰系白萩に色釉薬を重ね掛けしたような。


(行徳工房の焼成見本より)

花菖蒲 眺むる人の光かな


空は少し曇っていたのですが、
たとえ雨でも、その光景は、
静かに、光り輝いているように思えます。

どんなに年を重ねても、いい大人になっても、
好奇心という、子供の目線は、忘れないでいたいですね。



釉薬豊富な彩泥窯〜

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

訪れびと

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    Shino
  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    沼子
  • プチギフト制作☆
    YAMA
  • 器用な男前さん女前さんご夫妻♡
    Kobunta
  • かぶこん2011エントリー作品
    Shino
  • かぶこん2011エントリー作品
  • 普段使いの器
    Shino
  • 普段使いの器
    ai
  • 陶芸人
    Shino
  • 小さな風景
    nakagawa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM