(合歓(ねむ)の木)

今年は19日が、中秋の名月ですが、
昨日の十三夜月は、
まるで、強い風に磨かれたかのように
眩(まばゆ)い光を放っていました。


見つかりし光ぞ月や悲しかろ

月を見て、ふと、
「かぐや姫」の話をおもいだしての一句。




最近、研究会では、
「鋳(い)込み」の研究をしているのですが、
私は石膏(せっこう)で「茹でたまご」の型を取って、
そこに泥漿(でい-しょう※漿=とろっ)を注ぎ・・・

最終的に、花器や
ランプ シェードにしようと思っています。

難しいけれど、とりあえず、
茹でたまごが食べられるよう、
なるべく手早く済ませたいです。



釉薬豊富な彩泥窯〜

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

訪れびと

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    Shino
  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    沼子
  • プチギフト制作☆
    YAMA
  • 器用な男前さん女前さんご夫妻♡
    Kobunta
  • かぶこん2011エントリー作品
    Shino
  • かぶこん2011エントリー作品
  • 普段使いの器
    Shino
  • 普段使いの器
    ai
  • 陶芸人
    Shino
  • 小さな風景
    nakagawa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM