いかがお過ごしでしょうか。

松は、冬の中でも鮮やかな緑色を輝かせ、
鳥たちのご馳走でもある小さな赤や黄色の実なども、
力強く思えます。

上の花器は、開催中の陶芸祭りに出していた自作の花器のひとつですが、

陶芸祭りは、入場料は無料で、
後期が26日(日) まで、11時〜20時
青山ベルコモンズ4Fにて開催中です〜!!


なお、
大きな松の木の剪定の際に切られてしまった枝は、
もう、陶芸祭りよりずっと前から、長い間活けてあります。

そして・・・



こちらのお花は・・・

今年より、新しくオープンした表参道の工房の写真で、
いくつか並んだロクロ台の片隅に飾られていました。

中川氏が活けたみたい。

陶芸祭りを最後に、
青山工房ともお別れですが、
移転先の表参道工房でも、また、新しい器を作りたいですね!


冬ごもり小さき花の便りあり

 

釉薬豊富な彩泥窯〜
 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

訪れびと

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    Shino
  • 釉の花便り【24】 南風心の器に集ふなり
    沼子
  • プチギフト制作☆
    YAMA
  • 器用な男前さん女前さんご夫妻♡
    Kobunta
  • かぶこん2011エントリー作品
    Shino
  • かぶこん2011エントリー作品
  • 普段使いの器
    Shino
  • 普段使いの器
    ai
  • 陶芸人
    Shino
  • 小さな風景
    nakagawa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM